イクモアは太る?

イクモアは太る副作用があるのでしょうか?

イクモアのカロリー自体は3粒で約4kcalと低カロリーです。

そのため、イクモアを摂取したからと言って直接的に太る原因であるとは考えられません。

また、イクモアに含まれている大豆イソフラボンの働きとして、女性ホルモンの代わりになるという働きがあります。

女性ホルモンには血行を良くする・代謝をあげる・脂肪の燃焼を促すといった働きがあります。

そのため、イクモアに含まれている成分が原因で太るということもないでしょう。

【イクモア/副作用】成分ごとの1日に飲む量の上限

イクモアの成分ごとの1日に飲む量の上限を紹介します。

イクモアの公式サイトより全成分・成分量を調査して、それぞれの成分は1日どれくらいまで摂取しても大丈夫なのかを計算してみました。

どれだけ体に良い栄養素だとしても、飲む量が多すぎてしまうと下痢などの副作用が出てしまう可能性はつきまといます。

特に妊娠中・授乳中の場合は体がデリケートな時期でもあるので、過剰摂取しないように摂取上限を知っておく必要がありますね。

子供の場合も、大人と違い体が吸収できる栄養素の上限は違うので含有量に注意する必要があります。

飲む量を知って、安全にお試ししてみることをおすすめします。

イクモアの成分量から1日に飲む量の上限を計算

イクモアの全成分の含有量と過剰摂取にならない摂取上限を算出しました。

抜け毛・薄毛の悩みというのは、どうしても「一刻も早くなんとかしたい!」と焦ってしまいますよね。

結果を焦るあまり飲む量を増やしてしまい危ない飲み方をしてしまえば、かえって副作用のリスクを高めることになってしまいます。

しかし、イクモアの成分量を見る限りでは、過剰摂取さえしなければ安全に使うことができる範囲内に収まっています。

 

成分 含有量(1日に3粒) 1日あたりの摂取上限
大豆イソフラボン 15mg 70~75mg
L-リジン 300.7mg 体重1kgあたり30mg
L-アルギニン 150.3mg 15,000~21,000mg
L-シトルリン 150.3mg なし
亜鉛 5mg 40mg
パントテン酸カルシウム 10mg なし
ケラチン 30mg なし
ヒハツ 10mg 1g程度
シナモン 30mg 0.6g~3g
黒胡椒 5mg 2g

 

イクモアの目安摂取量は1日に3~6粒なので、毎日6粒飲んだとしてもそれぞれの成分の1日あたりの摂取上限の範囲内に収まる計算になります。

目安の摂取量を守ってきちんと使えば安心して使うことができますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました