アレルギーに影響のあるイクモアの成分

イクモアの成分の中でアレルギーと関連性が高いのは、大豆イソフラボンと亜鉛です。

イクモアには大豆イソフラボンが含まれています。

この大豆イソフラボンは大豆から摂れる成分であるため、当然ながら大豆アレルギーを持つ人が摂取するとアレルギー反応が出る可能性があります。

しかし、必ずアレルギー反応が出るわけではありません。

大豆から作られていますが、醤油・味噌などの良く加工された大豆製品はアレルギー反応が出にくいと言われています。

そして、イクモアに含まれている亜鉛は金属アレルギーと関係しています。

食事から大量の亜鉛を摂取すると、体内を巡り汗として排出された亜鉛がアレルギー反応を起こして炎症になってしまうこともあります。

これもあくまで可能性の話であり、個人差があります。

大豆アレルギー・金属アレルギーを持っている場合には注意が必要です。

参考:全身金属性アレルギー

 

イクモアの下痢などの副作用が出る可能性について

「せっかく使っても太るのは嫌。。。」

「前に使ったサプリで体調が悪くなってしまったことがあるから心配」

サプリが原因で身体に悪影響が出てしまったという話を耳にしたことがあるかもしれません。

しかし、その原因は過剰摂取であるケースが考えられます。

サプリはあくまで食品であるため、危険性の高い成分が使われていることはありません。

成分量を考えずに過剰摂取してしまうことで、下痢や頭痛や太るなどの副作用が引き起こされてしまいます。

イクモアは、元々アレルギーを持っているという場合を除いては基本的に副作用の心配はありません。

 

イクモアは下痢する?

イクモアは下痢をしてしまうのでしょうか?

イクモアに含まれている成分の中には、アレルギー症状が出る可能性のあるものもあります。

そのアレルギー症状の一つとして下痢をしてしまう可能性はあります。

元々アレルギー持ちの方の場合は、食べるものにかなり気を使ってきたでしょうから成分はよく確認していることでしょう。

アレルギーがない場合、疲れている・寝不足・ストレスがたまっているなどの要因で免疫機能が低下してしまうことがあります。

この免疫の低下によって、普段アレルギーを持っていない人でもアレルギー症状が出てしまいまいます。

身体のために栄養を摂ることも大事なことですが、疲れをためずしっかりと睡眠を取り、身体のコンディションを整えておくことも大事なことですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました