最近は、スキンケアのひとつのキーワードとして黒ずみという言葉が目立つようになってきました。 ムダ毛を剃ってきたことによってワキが黒ずんだり、摩擦によってヒップラインが黒ずんだりしますし、ひざも意外と黒ずみが目立つ場所でもあります。 ひじやひざは角質も分厚くなりがちですし、ひざで立ったりひじをついて顔をささえるのが癖になっているひとだとひざやひじもゴワゴワした手触りとなり色も黒くなってしまっていることが多いです。 ボディミルクの中には、美肌効果をうたったものもありますが、市販されているボディミルクの程度だとその効果もあまり期待できません。 もっと美白効果を重視したケアをしたいなら、市販のボディミルクよりもトレチノインのクリームのほうがおすすめです。 黒ずみは、角質が固くなっているので黒く見えていることもありますし、メラニン色素が定着してしまっていることもありますので、トレチノインのクリームのように沈着してしまったメラニン色素にも効果がある成分を使ってケアをしたほうが確実といえます。 お肌のつくりは表面から表皮と真皮に分かれ、お肌の奥にある真皮はお肌の弾力にかかわるコラーゲンがある部分です。 黒ずみもひどくなると、この真皮にまでメラニン色素が届いてしまっていることがありますがトレチノインのクリームなら真皮にまで達してしまったメラニン色素でも外に出すようはたらきかけていくことができます。 その時に皮膚のターンオーバーが早まるため、皮膚がポロポロとむけてくることもありますが、そういった過程を通じて古い角質やメラニンも外へ排出していくことになるため、過度に心配するひつようはなく、正しいトレチノインの効果です。